MENU閉じる
お問い合わせ
花ごころメディア

花ごころメディア

花ごころ園芸レシピ
2013.07.02

アジサイをたくさん咲かせるポイントは?


鮮やかな青の花色を楽しみたいのはもちろんですが、花数が少なかったら寂しいですよね。アジサイでは、よく「花が咲かない」とご相談をいただきます。ここでは、そんなご相談の内容を元に、アジサイをたくさん咲かせるポイントをご紹介しましょう。


旧枝咲き品種も新枝咲き品種も、花後すぐに、花の付いている枝を剪定します。特に、旧枝咲き品種は、夏に伸びて充実した枝に、秋花芽が形成されます。つまり、秋以降の剪定は花芽を切ることになり、次の花が付かなくなります。花後すぐに剪定して、秋に向けてしっかりと枝葉を生長させなければいけません。剪定方法は、緑色の枝の下の方2~3節を残すように切ります。葉の付け根の節に新芽が見えているので、元気な新芽を5~6個残すようにしましょう。新枝咲きは茶色枝の位置で切っても、春に元気な新芽が出てきます。

 

 


『青アジサイの青をつくる水』は肥料ではなく活力材です。肥料は別途でしっかり与え、枝葉を充実させましょう。花後のお礼肥と、新芽が動き出す前の2月頃が適期です。

 


日陰のイメージが強いアジサイですが、夏の直射日光を嫌うだけで、日光不足では花を付けなくなってしまいます。置き場所は落葉期の冬から春、そして秋はしっかり日光に当たる場所がベスト。特に、秋まで楽しむアジサイを室内に入れたままにしていると、翌年は花付きが悪くなってしまいます。夏以外は、午前中だけでも外に出して、日光浴をさせましょう。また、日本のアジサイ(ヤマアジサイ)と北米原産のアメリカアジサイ以外は、冬の寒さで花芽が傷んでしまうこともあります。寒冷地では防寒が必要です。

 


店頭では小さな花鉢に仕立てられて売られていますが、アジサイは花木の一種です。大きく生長するので、鉢植えは2年に1回を目安に植え替えをしましょう。この時、青花系であれば、未調整のピートモスを混ぜて酸性の土に、ピンク花系であれば、苦土石灰を混ぜて中性~弱アルカリ性の土にしましょう。植え替えの適期は、花後すぐか、落葉期の冬です。また、ギフト用の花鉢は鉢が小さいことが多いので、花後すぐに植え替えましょう。その際には、根鉢は崩さずに優しく扱ってください。


花ごころおすすめ商品

『花ちゃん培養土』
地力を高めるabコンポ配合した汎用用土。アジサイを丈夫に育て、花付きをUP!

『ブルーベリーのピートモス』
未調整のピートモスを使用。土を酸性にするために青花系アジサイの植え替え時に混ぜて使用するのもオススメ。

『果樹・花木の肥料』
リン酸成分を多く配合した有機肥料。アジサイの花付きを良くします。

『ふりふり石灰』
ピンク花系アジサイの植え替え時にオススメ。土に混ぜて中性~弱アルカリ性土壌に調整します。


  |


関連コンテンツ

お問い合わせ

製品・サービスに関するお問合せは、こちらへ。