MENU閉じる
お問い合わせ
花ごころメディア

花ごころメディア

Let’s 土づくり「Let’s苦土石灰」
2018.09.01

『Let’s 苦土石灰』の使い方

石灰資材の中でも、比較的扱いやすい苦土石灰ですが、やみくもに混ぜては、かえって植物の根を傷めてしまいます。用法容量は守り、安心安全に使用しましょう。


■使用量の目安■

畑・庭土
1㎡あたり200g(2カップくらい)

用 土
1Lあたり2g(小さじ1/2杯弱)

※苦土石灰小さじすり切れ1杯が約5g、大さじすり切れ1杯が約15gです。

※65cmの標準プランターの場合、約12Lの土を使用するため、苦土石灰は24gが適量です。

■使用方法■

❶規定量を土の表面に均一にまく。
<ポイント>
広範囲の菜園などにまく場合は、あらかじめ菜園の土少量と苦土石灰を混ぜて増量してからまくと、風で飛びにくく、まきやすくなります。

❷土と十分に混ぜ合わせる。
<ポイント>
菜園や庭土の場合は、深さ20~30㎝くらいまで耕しながら、十分に混ぜ合わせます。

❸2週間ほど土になじませてから、植物を植え付ける。

■ワンランクUPの土づくり■

●バーク堆肥やピートモスなども同時に与えると効果的です。苦土石灰の使用方法と同様、一緒に土と混ぜ合わせ、2週間なじませた後で植物を植え付けます。

●鶏ふん堆肥や牛糞堆肥のような肥料成分の多い堆肥を使用する場合は、先に『Let’s 苦土石灰』をまいてから2週間ほどなじませ、その後、堆肥を混ぜ込めば、すぐに植物を植え付けられます。(苦土石灰と肥料成分の多い堆肥などは、同時に混ぜ込まないように注意!)


関連コンテンツ

お問い合わせ

製品・サービスに関するお問合せは、こちらへ。