MENU閉じる
お問い合わせ
花ごころメディア

花ごころメディア

ホーム花ごころメディア花ごころ園芸レシピデルバール:大切なのはバラがもたらす「エモーション〜感動〜」
花ごころ園芸レシピ
2018.05.01

デルバール:大切なのはバラがもたらす「エモーション〜感動〜」

デルバール:大切なのはバラがもたらす「エモーション〜感動〜」

フランスの名門ナーセリー、デルバール社とは? 最新品種と根強い人気の代表品種をご紹介。


フランスの名門ナーセリー「デルバール社」フランス中部オーベルニュ地方の小さな村、マリコーンに本拠を置く「デルバール社」は、1954年よりバラの育種を行い、優れた品種を次々に送り出す名門ナーセリー。フランスらしい感性と、育てやすさや無農薬栽培にこだわって作られたバラは、「一株でも絵になる」「耐病性に優れ生育強健」「四季咲き性が強い」と高い評価を得ています。三代目社長アルノー・デルバール氏は「育種において“耐病性”はマスト」と言うほど、耐病性に強いこだわりをもっています。それだけに、デルバールのバラの耐病性の高さはそのまま、初心者でも安心な“育てやすさ”に直結しているのです。また、香りへのこだわりも強く、偉大な調香師のみに与えられる“nez(ネ)”の称号を持つフィリップ・ソーヴグラン氏による「香りのピラミッド」を品種ごとに作成。香りを視覚でもイメージしやすくすることで、バラ初心者でもお気に入りの品種を選びやすくしています。耐病性、香り、そして花色や花形…アルノー・デルバール氏が、育種において最も大切にしているバラがもたらす「エモーション~感動~」—–ぜひ感じてみてはいかが?

【香りのピラミッドとは?】
1日のうちに変化するバラの香りを、トップ〜ミドル〜ラストの主に3つのノート(香りの調子)で表現したもの。品種ごとに付けられているので、好みの香りの品種を選ぶ際に役立ちます。
香りのピラミッドとは


『クロード・モネ』
ピンクにイエローの絞りが入った可愛らしい花が繰り返し良く咲きます。コンパクトな樹形で、耐病性も非常に強く、初心者にもおすすめ。

『ナエマ』
ソフトピンクのディープカップ咲きの花がとてもエレガントなデルバールの代名詞的品種。 つるバラながら四季咲き。 3m以上に大きく仕立てることも、 短く剪定を繰り返しコンパクトに育てることもできます。

※その他の品種は「はなはなショップ」でご覧いただけます


関連コンテンツ

お問い合わせ

製品・サービスに関するお問合せは、こちらへ。