MENU閉じる
お問い合わせ
花ごころメディア

花ごころメディア

週刊ラジオトーク
2018.04.28

スズラン

今回は、幸福をもたらす花とされる「スズラン」です。フランスでは、5月1日が「スズランの日」とされていて、この日にスズランの花束を贈られると、幸せになれるそうです。

 

「スズラン」は、葉の間から伸びた茎の先端に、鈴の形をした小さな白い花を鈴なりにつけます。「ラン」と言っても、蘭の仲間ではなく、ユリ科の多年草です。昔は、香水の原料にもされていたほど、香りも良いので、鉢植えにして、身近で楽しんでみてはいかがでしょう?

 

日本には、「ニホンスズラン」と「ドイツスズラン」があります。「ニホンスズラン」は、山野草の一種として扱われることが多く、暑さが苦手で太平洋側の東海地方では、やや育てにくいんです。「ドイツスズラン」は、暑さにも比較的強くて育てやすいですよ。最近は、八重咲きスズランや、薄いピンク色のピンクスズラン、葉に縦じまが入る斑入りスズランなどが人気です。

 

花付きのスズランを購入した場合は、花が終わるまでそのまま楽しんで下さい。日当たりの良い場所に置き、水やりは土の表面が乾いたらたっぷりと。花が咲き終わったら、来年のために、必ず植え替えましょう。一回り大きな鉢に、底にゴロ石の「鉢底石」を入れて、栄養たっぷりの「花ちゃん培養土」で植え付けて下さい。植え替えて10日たったら、「IBのチカラ」などのゆっくり効くタイプの肥料を与えて、葉をしっかり育てましょう。

 

高山で自生する植物なので、日陰を好むイメージを持たれがちですが、日光は大好きです。真夏以外はしっかり日光に当てて下さいね。真夏は、木陰や午後から陰るような場所に移動させましょう。冬の寒さには強く、寒さにしっかり当てることで花芽もできますよ。育てる場所さえ気を付ければ、毎年花を楽しめます。

 

来週は、母の日のプレゼントにも人気の「クレマチス」をご紹介します。


関連コンテンツ

お問い合わせ

製品・サービスに関するお問合せは、こちらへ。