花ごころ

土・肥料事業部 花ごころの商品と園芸ライフサポート

トップ > 土・肥料事業部 > 週刊ラジオトーク > 観賞用トウガラシ

週刊ラジオトーク

観賞用トウガラシ

2018.08.11 カテゴリ:アーカイブ

今回は、「トウガラシ」なんですが、実を食べるトウガラシではなく、美しい実を観賞する「観賞用トウガラシ」のご紹介です。

 

トウガラシの中でも、特に美しい実をつけるものを観賞用としているだけなので、食べられなくはないですが、実が固く、辛さや旨みが少ないので、おいしくないそうです。それに、農薬も食用基準ではないものを使用していることもあるので、食べない方が安全ですよ。

 

観賞用は、実の形も豊富でカラフルです。実が熟す過程で色が変化していく物も多く、1株に様々な色の実がつく姿も楽しめますから、是非、観賞して楽しんでください。

 

では、人気の品種をご紹介します。まん丸の小さな実がオレンジから紫色へ変化する「ホットポップスパープル」は、横に広がるように生長するので、寄せ植えに人気です。先端がちょこんと尖った実が下向きにつく「雫(しずく)」は、黄緑から黄色、オレンジ、赤へと色が変化します。黒い真珠のような艶のある実をつける「ブラックパール」は、葉の色も美しい黒色なので、お庭のアクセントにもなりますよ。

 

紫色の花で紫色の実をつける「パープルフラッシュ」は、特に葉が美しく、薄紫色から白色の斑(ふ)が入り、シックな雰囲気です。

 

この時期、お店では、実のついた苗が並びます。黄色い葉がついていない、葉も実も色艶がよいものを選びましょう。日当たりの良い場所を好みます。鉢植えなら、底にゴロ石の「鉢底石」を入れて水はけを良くし、栄養たっぷりの「花ちゃん培養土」で植え付けましょう。暑い時期の植え付けは負担になるので、植え付けて1週間ほどは半日陰の涼しい場所で休ませて下さい。

 

次々に開花して実をつけるので、9月頃から薄めた液体の「有機+(プラス)100倍液肥」などを定期的に与えれば、ハロウィンまで楽しめますよ。

 

来週は、今人気の、土に植えないエアープランツ「ティランジア」をご紹介します。