花ごころ

土・肥料事業部 花ごころの商品と園芸ライフサポート

トップ > ガーデンデザイン部 > スタッフブログ > ヒマラヤン・ブルー

スタッフブログ

ヒマラヤン・ブルー

2017.07.12 カテゴリ:植物 自然

 

こんにちわ!

最近は天気も不安定で、雨予報なのに良い天気だったり、天気予報なのに大雨降ったりで、現場が中々予定通りに行かない。

晴れようが雨降ろうが、湿度だけは滅法高いので、現場作業は体に堪える今日この頃。

 

そんな中、少し現場も落ち着いてきたので久々に山へ行ってきました。

 

実は昔から見てみたかった花で、毎年思いついた時に行くも、毎年花期を逃してしまって中々見る事が出来なかった花。

 

今年初めてその姿を見る事が出来ました♪

 

ヒマラヤン・ブルー

正式名称を「メコノプシス グランディス」と言うケシの仲間です。

標高5000m程の高山にしか自生せずその姿から「幻の花」なんて言われています。

 

 

この他にも青いケシの花はあるのですが、この花は10㎝程の大輪になる事と、透きとおる様な青い花色の為、世界一幸せな国と言われているブータンの国花にもなっています。

主にヒマラヤ山脈に自生しいるそうなので、暑さに滅法弱く栽培も難しい。

日本でも標高の高いところでしか栽培は出来ないようです。

 

 

今年は運よくココの畑の公開最終日、滑り込みセーフで見られたのですが、花も盛期を過ぎて疎らなのは仕方がない。

と思いながら畑のおばちゃんと話したら

「今年は雪が少なく、寒さにあたっていないので花付きが余り良くない」

との事でした。

 

 

標高が高いと言えど、ココの標高はせいぜい1500m程度。

普通ならもっと寒い場所に自生する植物。

下界が猛暑ならここの暑さも花には堪えるのでしょう。

こんな所で花咲く事が奇跡なのかもしれません。

 

 

さて、これから夏本番!

 

皆さんも熱中症、熱射病等に気を付けてお過ごしくださ~い。

 

 

GDスタッフ:Y