花ごころ

土・肥料事業部 花ごころの商品と園芸ライフサポート

トップ > 土・肥料事業部 > 週刊ラジオトーク > オルレア

週刊ラジオトーク

オルレア

2016.04.13 カテゴリ:アーカイブ

今回ご紹介するのは、「オルレア」です。セリ科の植物で、切れ込みの多いシダのような葉と、繊細で清楚な白い花が特徴です。「オルレア」の白い花がレースのように美しいので、「ホワイトレース」という名前でも呼ばれています。

 

ヨーロッパ原産で、常緑の多年草ですが、日本の暑さには弱く、暖かい地域では夏に枯れてしまうので、一年草として扱われています。ただし、花は繊細ですが、見た目とは裏腹に、繁殖力が強く、こぼれ種で勝手に増えるので、一度植えれば毎年楽しめます。

 

草丈は60㎝前後と高さがありますが、柔らかい雰囲気がどんな植物にも合うので人気があります。バラや色とりどりの草花の間に植えるのもおススメです。

 

60cmほどに伸びますが、茎は意外にしっかりしているので、支柱も要らず、風にユラユラゆれる自然な姿を楽しめます。今、植えれば、7月頃まで次々に花を咲かせてくれますよ。

 

お店で苗を選ぶ時は、花付きが良いのはもちろんのことですが、株がガッシリとしていて葉の色艶が良いものを選びましょう。日当たりの良い場所を好みます。鉢植えにするなら、必ず、底にゴロ石の「鉢底石」を入れて水はけを良くし、栄養たっぷりの「花ちゃん培養土」で植え付けましょう。セリ科の植物は、根がデリケートなので、崩さず、優しく扱います。

 

水やりは、土の表面が乾いたらたっぷり与えます。 水のやり過ぎで、常に土が湿った状態にならないようにして下さい。

 

咲き終わった花は、こまめに摘み取るほうが、次々と花を咲かせてくれますが、こぼれ種で来年も育てたい場合は、7月に入る頃から、花を摘み取らず、種をつけさせるようにして、自然に落ちるのを待ちましょう。種が落ちたら、土をかけたり、場所を移動したり、余計なことはしないで、そのまま芽がでるまでそっとしておけばいいですよ。何もしなくても、毎年、白いレースのような花が楽しめます。
来週は、植物にも土の好みがありますので、特に好みがうるさい植物の「土の選び方」をご紹介します。お楽しみに。